GREETINGS
生地作りから焼き上がりまで、楽しみながらしっかり実習していただけます。
ポイントをしぼって丁寧に説明いたしますので初心者の方も安心してご参加ください。

手ごねパン教室 ブロッサム 代表 近藤 麻美
Twitter / Facebook
CONTACT
ブロッサムのこと、レッスンのことなどお気軽にお問い合わせください (*^^)
お問い合わせフォームはコチラ

手ごねパン教室ブロッサム 代表 飯塚麻美

静岡の手ごねパン教室のブロッサム

ブログ


2021.4.1 桜あんぱん.jpg

 

 

以前、ご縁があり、映画をイメージしたパン教室を担当させていただきました。

毎月1つの映画をテーマに、食事の風景をパンにしてみたり、

印象的なシーンや、登場人物それぞれの物語をパンで表現してみたり。

映画とパンを楽しむパン教室でした。

その間約6年、映画をたくさん観ました。

 

中でも印象に残っているのが、映画「あん」

桜の季節になると、この映画を思い出します。

 

小さなどら焼き屋さんのどら春。お客様にどら焼きを手渡す窓口から、

見上げると桜の木。

店長の千太郎さんと、そこでアルバイトをさせてもらうことになった徳江さんが

一緒にどら焼きのあんを作ります。

徳江さんは、早朝からあんづくりに取り掛かり、

鍋の中の小豆の声を聴き、小豆に声をかけていました。

そのとなりに立つ千太郎さんは、

終わりが見えず何かが果てしなく続くことに苦しんでいるように感じました。

徳江さんは限られた生活の中で、ささやかな楽しみを大切に抱いて生きていた。

 

映画の中ではいろんな涙があったけれど、

印象に残っているのは、桜の花が舞う美しい映像。

 

なんだかざわついて身近にあるしあわせを後回しにしていまいそうなときに

観る映画です。嬉しそうに桜を見上げる徳江さん、可愛らしかった。

千太郎さんにも桜を見上げてほしかったのかな、なんて思うけど

本当のところはわかりません。ただそこに桜が咲いていて、

千太郎さんと徳江さんが一緒にあんを作っていた日々があった。

映画の最後、千太郎さんの一言を聞くと気持ちがシンプルになります。

 

 

映画「あん」をイメージしたパン教室では、甘酒の入った桜あんぱんを作りました。

時間をかけて丁寧にあんをつくる工程を甘酒に込めて、

徳江さんと千太郎さんの小さな希望は可愛らしい桜の花。

 

今日はそんなことを久しぶりに思い出しながら桜あんぱんをつくりました。

シンプルにイングリッシュマフィンのような桜あんぱん。

大切なことは胸の中に。シンプルで在りたいと思います。

 

 

2021.4.1公園の桜.jpg

 

 

2021.3.30パン便.jpg

 

 

4月中旬からのパン教室再開前に、こじんまりと開いている ちぎりカレーパン教室

嬉しいことに、このちぎりカレーパンを「おいしい」と言っていただけて、

さらに「今度カレーパン作ってもらえる?」と声をかけていただいたことから、

昨日は、ちぎりカレーパンと、パンに合わせた雑穀と紫玉葱のサラダをご用意しました。

本当にありがたいことです。

お届けしようとしていたら、用事のついでだから〜と

富士市からご友人と一緒に受け取りに来てくださり、

こんなふうにすてきなラッピングも考えてくださいました。

こちらのカレーパンは食パンのようなパンの中に野菜や豆、お肉の具が入っているので、

次の日に手土産にするとしたら要冷凍。帰宅したらいったん冷凍庫で保存しやすいようにと、

みんなであれこれ話しながら工夫しながら。楽しみながら!

 

自分だけだと思いつかなかったり、うまくできないことが多いけれど

こうやって一緒に考えてくれる方の存在が大変有り難く心強いです。

 

最近は、私がパン教室を再開することを知って

「待ってた」「おかえり」と連絡をくださる方がいたり、

人と人を繋いでくださる方、

手をさしのべてくださる方がいて、

またひとつ、またひとつと、あたたかい気持ちで取り組むことができます。

そのお気持ちを倍返ししたい気持ちでいっぱい。

本当にありがとうございます。

 

ちぎりカレーパン教室は、

4月8日(木)19時〜21時 お席がございます。

ご希望の方は気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら★

 

 

 

 

 

 

 

ムーミン展静岡県立美術館.jpgのサムネール画像

 

静岡県立美術館で開催中のムーミン展 に行ってきました。

 

入り口から間もなくスケッチが並び、

トーベ・ヤンソンさんの世界観が伝わってきます。

 

原画を含む500点の展示。

 

絵本になったムーミンのコーナーを進むと

美しい水彩画の中に、ねこが寝ている。

 

ムーミン谷でふしぎな旅をしたスザンヌが、

白夜の中、家に帰りながら

「このふしぎな旅は本当だったの?」

と自問すると、筆者はこんなふうに締めくくっています。

「本当でもそうじゃなくても、どっちでもいいことですよね」

 

 

美術館を出て、

道端に自生する草花や、モクレンを鑑賞しながら帰りました。

 

道端の草花.jpgのサムネール画像

 

 

モクレン.jpgのサムネール画像

 

 

 

その日のおやつは、ムーミン展のグッズコーナーで見つけた

たまご缶に入ったミルクビスケット。

ムーミンミルクビスケット.jpgのサムネール画像

 

ムーミン展は3月14日迄。

ムーミントロールにまた会いにいきたい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.3.7ミモザと草花のリース.jpg

 

可愛いコがうちに来てくれた♪

野花アレンジ研究家 すずきみさえさんの作るリースは

 

ミモザ、アジサイ、ネコヤナギ、フラワーコーン、ヤマノイモ、エビヅル、

マメグンバイナズナ、アオツヅラフジ、ナンキンハゼ、キツネノマゴ

ユーカリ、センニチコウ、名前のわからない草、茶の実

 

ミモザと草花のおしゃべりなリース♪ ブログ記事はこちら

 

 

リースを迎えにおじゃまして、

庭で草花の名前を教えていただきました。

 

上手に手入れされた穏やかな庭に、

のびやかに自生する草花。

鮮やかな色。可憐に咲く花。

 

あ、うちにも生えてる…ホトケノザ。

可愛いなと思いつつ、

生えてちゃいけない場所に生えているからと

雑草のカテゴリーに仕分け、草取り候補。

そして草取りをさぼりがちな結果、

うちの小さな庭で元気にしているホトケノザ。

 

お手入れってなんだろう?

いろんな理由があるけど、自分の目で草花を見つめてみようと思う。

 

そんな気づきの機会をもらい、

山で採れた栗の焼き菓子、よもぎ入りのたまごクッキー、

ハマナスのお茶は色と香りをたのしみながら。

やさしい時間をいただきました。

みさえさん、ありがとうございました。

草花の名前、また教えてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

2021.3.4mamanさん小麦粉棚.jpg
 

図書館の本のように、棚一面に並ぶ小麦粉。

ここはパンの材料屋mamanさんです。

 

「こんなパンをこんなふうに作りたいのですが、おすすめの小麦粉はありますか?」

レジが少しだけ空いたタイミングをねらってお聞きすると、

ニコニコ可愛い笑顔でズバリ!教えていただけて助かります。

他にもライ麦、ドライフルーツやナッツ、さまざまな産地・製法の塩や砂糖。

少量から大容量まで自分に合ったちょうどよいサイズを選びやすいことも有り難いです。

 

杉山ナッツさんカカオニブ.jpgのサムネール画像

 

特別に販売されていた杉山ナッツさんのピーナッツバター。

mamanさんで買えました♪ おすすめを聞いてカカオニブ。

遠州半立ち種のピーナッツのコクがなんといっても主役ですが、

一緒にいるカカオニブが華やか。蜂蜜の甘さがやさしい。

 

まずはピーナッツバターそのままと、珈琲で。

そして、玄米甘酒を入れて焼いたまるパンに塗って。

 

これからめぐる蜂蜜やピーナッツの季節を思い浮かべつつ、ちょっと贅沢なひとときでした。

 

こんな楽しみもあって、

訪れると元気をもらえる、私にとってパワースポットのようなお店 mamanさんです。

  wazoさんカフェスペース.jpg

 

「パンとうつわの物語」のイベントが先週日曜日、

ぽかぽか陽気の中、終了しました。

富士宮までお越しいただいた皆さま、

キャロットブレッドのワークショップにご参加いただいた皆さま、

本当にありがとうございました。

 

 

「パンとうつわの物語」

羊の案内人 フードスタイリング&フォト SIDEWAYさん

野花アレンジ研究家 すずきみさえさん

布雑貨の手しごとspicAさん

パン教室Blossom こんどうあさみ 

 

 

ご協力ありがとうございました!!

富士宮の素敵な古民家ギャラリーspace Wazoさん

ヘッドマッサージ アロマのゆるり香さん

なつめと白きくらげのスープ 薬剤師さんの薬膳 f‐dropさん

おいしい有機野菜のオトワファームさん

ネーミングが素敵なハーブティーの京都西陣たま茶さん

雑貨の珈琲豆を提供してくださったゴードンこーひーさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.2.19ちぎり豆カレーパン.jpg

 

カレーパンというと、

カレーフィリングをパン生地で包んで揚げた(焼いた)惣菜パン。

 

日本での始まりは昭和2年に名花堂が考案した「洋食パン」と言われています。

人気メニューのカレーが入った生地をカツレツのように揚げていたそうです。

 

 

今ではいろんなタイプがありますね。

カレーをラグビーボールのような形に包みサクサクに揚げたカレーパン、

焼きカレーパン、パイ生地のカレーパン、カレーまん

 

 

カリー&ナンや、カリー&チーズクルチャは、

カレーとパンを一緒に食べる形。好きな組み合わせです。

 

 

どのタイプのカレーパンにもそれぞれのおいしさがあります。

 

 

写真のこちらは、焼くタイプのちぎりカレーパン。

こちらはBlossom発祥です。笑

 

 

パン・ド・カンパーニュというフランスのパンがありますが、その語源となった

「カンパニオ」には「パンを分け合う人」というような意味があります。

 

1つのパンがあったら、それは生きるためにとても貴重なものだったのではないかと思います。

それを分け合って食べて、今日を生きた。

 

カンパニオには「仲間」という意味もあります。

パンを分け合ったり、アイデアを持ち寄ったり、時間をともにしたり。

 

そんなことも思い浮かべつつ。

 

こちらのちぎりカレーパンは、Blossomのパン教室でつくっていただけるメニューにしました。

 

焼き立てをちぎって手にとり、食べると中から豆カレーとチーズがとろり。

ライ麦の入ったパン生地はクミンなどのスパイスやナッツで香ばしく。ちょっとサクサク。

ちぎったところはふんわりとやわらかです。

 

お仲間やご家族とちぎってシェアしたり、

朝の自分と昼の自分とでシェアしたりして、

楽しんでいただけたらと思います。

 

 

Blossomのパン教室は4月中旬頃から再開予定です。

それまでの間、こちらのちぎりカレーパンは不定期でパン教室を開きます。

よかったらお問い合わせくださいね。

 

4月以降の再開については改めてお知らせします。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

小さなお茶コーナー.jpg

 

台所に作ってもらった棚。

この小さなスペースに、珈琲の道具や、紅茶、ハーブティー、ほうじ茶、台湾茶を置いています。

缶や瓶は買った年代も種類もさまざま。缶と中身もバラバラですが。

 

ひと息つきたいときは、ここに来て飲み物をいれたり、

思考が滞ったときなども、ここに来て缶や瓶をふきんで拭いて、

なんとなく配置を入れ替えたりして気分転換。

自分に合ったサイズで、ちょうどよく、気に入っている場所です。

 

 

2021.2.12レモンドーナツ.jpg

 

いただいたまるまるごろんとしたレモンで

レモンドーナツ。

果汁とすりおろした皮で甘酸っぱいハニーグレーズ。

寝る前に混ぜておいたイースト生地にも、皮の香りを少し。

もう1つはレモネードにしていただき、もう1つは塩レモンに。

塩レモンができたらフォカッチャを焼こう。

 

ぎゅっと絞ったレモンのさわやかな香りで頭スッキリ!冴えてピカピカ風。

今日は黙々と作業日。目の前のことからひとつひとつ。落ち着いて(^^)

 

 

 

いつの間にかいろんなことに気を張ってちぢこまった肩、まるまった背中を、

ぽんぽん!と自分でしてあげるような、身体にやさしいメニューがいっぱいのイベントです。

 

 

2021.2.21イベント写真.jpg

                                                       photo by  SIDEWAY 

 

2021年2月21日(日)11時〜15時

 

2 年ぶりのパンとうつわの物語。今回のテーマは「目覚め」。

春になると植物たちが芽を出すように、わたしたちも冬眠から覚めて、芽を出す準備をしないと...。温かい毛布にくるまって、あくびをしながらパンのことを話していたら、おなかがぐぅ〜っとおしゃべりになった。

「野菜がたっぷり入ったパンがいいね...」

「そうだね、冬眠から覚めた動物たちの目がまん丸になっちゃうくらいいい香りのスパイスを入れようか...」。

そんな会話から今回は素敵な古民家ギャラリーspace Wazoさまををお借りして、身体においしい時間を過ごしていただこうと思っています。

目覚めをテーマにしたワークショップやカフェ、雑貨を販売します。

merry little stories by SIDEWAY


【日 時】2021年2月21日(日) 11~15 時


【場 所】space Wazo 静岡県富士宮市野中 855-1

 

 

【ワークショップ】

●捏ねないパン「おめざのキャロットブレッド」作り ¥3000(税込)

  ※1本持ち帰り、ハーブティー付き 

オトワファームさんの畑で富士山を眺めながら土の養分をゆっくりたっぷりと吸い込んで育った有機人参を使って、キャロットブレッドを作ります。目覚めをイメージさせるスパイスや、ずっしりとした生地感をおたのしみください。イーストを使わず、捏ねないで焼きます。

講師:パン教室 Blossom こんどうあさみ

申し込み先: blossom.bread☆gmail.com (メールを送る際は☆を@に換えてください)

         こちらのホームページ(CONTACTページ)からもお申込みいただけます

時間: ①11時〜(満席) / ②13時〜(満席)  各定員6名 ※要予約

   おかげさまで満席となりました。

   お問い合わせいただきありがとうございました。

 

●新月摘みの和ハーブボール作り体験 ¥2500(税込)

  ※2本お持ち帰り、ハーブティー・菓子付き

ハーブボールはハーブを布でくるみ、蒸し器で温めて肌に押し当てて使います。今回はヨモギや和ハッカ、お茶などの和ハーブを入れてボールを作り、和みの香りと安らぎの時間を体感しませんか。

講師:野花アレンジ研究家 すずきみさえ

申し込み先:  misae.nonohana☆gmail.com(メールを送る際は☆を@に換えてください)

時間: ①11時〜(満席)/ ②12時〜(満席)各定員 5 名 ※予約優先

   おかげさまで満席となりました。

   お問い合わせいただきありがとうございました。   

 

2021.2ハーブボール画像.jpg

 

 

【カフェメニュー】

● ソファーでうたた寝タイムとハーブティー(羊の時)  ※茶の実入りアイマスク付き

● ゆるり香さんのヘッドマッサージとハーブティー(雪肌美人)

● みさえさんのハーブボールとハーブティー(春のおとずれ)※ハーブボール1本付き

● いちごとワッフルとハーブティー(気楽な日曜日)

● キャロットブレッドと美肌薬膳スープ

●お好きなハーブティーとクッキーのプチセット

 

 

【販 売】
●【手しごとspicAさん】コーヒー染めのクロス・カフェマット・アームカバー・ハーブのサシェ等

●【京都西陣たま茶さん】オリジナルブレンドハーブティー

●【wazoさん】おめざセット

●【オトワファームさん】有機野菜

●ハーブティーとクッキーのうたた寝おめざセット

●【F-dropさん】薬剤師のお食事漢方(美肌薬膳)

 

 

【新型コロナウィルス対策として】

・マスクの着用・手指のアルコール消毒をお願い致します

・換気は頻繁にさせていただきます

以下に該当する方のご入場はご遠慮ください

■熱のある方、体調の悪い方

■ご家族に熱がある、体調の悪い方がいらっしゃる方

 

コロナ状況によりイベントを中止する場合は、こちらのブログ

または space wazoさんのInstagram  でお知らせします

ご確認の上、お越しください(ワークショップにお申し込みいただいている方にはメールでご連絡します)